Under the English Sky


英国、ケンブリッジでの生活で感じたことを書いていこうと思います。
by ellisbell
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
link

2007年 01月 16日 ( 1 )

お鍋パーティー

c0105386_517819.jpg

今日も小春日和の続くケンブリッジ。

雪降らないかな・・・と待ちわびているのですが、雪が降るどころか霜も降りません。さすがに夜は少し冷え込むので、冬空らしく星はきれいですけれど、寒いのは大嫌いな私でもこれはちょっと1月の気温にしては暖かすぎると心配になるほどの気温。夏は、そういえば毎日暑い、暑い、と書いていましたね・・・

c0105386_5164379.jpg
先日の日記にも書いていましたが、街に出れば満開の桜。このピンク色を見ると、つい立ち止まってしまいます。立ち止まって写真を撮っていると、通る人が怪訝そうに何があるのかしら?と振りかえるところを見ると、やっぱり桜に過剰反応(笑)するのは日本人の体質なのですね☆

昨日の献立はお鍋。こちらでは、日本食のレストランというとほとんどが中国人の経営で、「照り焼きサーモンうどん」だの、おもしろいメニューを見ることができます(笑)。もちろんロンドンにはちゃんとした日本食レストランがありますが、とても高価で敷居が高い(らしい)ので、私が日本人だというと、毎日お寿司を食べてるの?と大まじめに聞かれることが未だにあります(笑)。(でもそうですよね!例えばインド人は毎日カレーを食べているイメージがありますよね!)ここではちゃんと白菜やお大根、生しいたけなども手にはいるので、昨日はお友達に土鍋を借りて、みんなでお魚のお鍋をいただきました。お魚はサケとタラ。こちらの人はお箸を使わないからでしょうけれど、お魚も骨まで抜かれて折りたたまれて(!)パックに入っています。うろこだけきちんと取って、お昆布でおだしをとって、後は次々と切ったものを入れて煮ていくだけの水炊きです。大根おろしにポン酢、七味でいただきましたが、留学生それぞれが、好みの味付けが違うのがおもしろいですね。ポン酢が気に入ってたくさん入れる子もいれば、ほとんどポン酢を入れず七味ばかりかける子も(笑)。メンバーがアジア系+京都に留学していた英国人だったので、最後のおうどんまでみんな堪能してくれたようでした。日本食はお寿司だけじゃないのです(というか、握り寿司なんて私には作れません!orz)。

c0105386_518225.jpgお誕生日にはケーキとろうそくを用意するのは、世界各国共通なのですね。ろうそくを探したけどちゃんとしたのが見つからなくてごめん、とケーキ担当(らしい)のS。その代わり、これはシンボルだから、とアロマバーナー用の小さなろうそくを出して来てくれました(笑)。お鍋の後、アメリカの古いジャズを聴きながら、村上春樹の話をしつつ(彼は世界中で大人気ですね!)、バースディ・ティラミスを食べるという国籍ミックスのお誕生日会は楽しかったです。

今日も桜がSt.John's Collegeのそばで華やかに咲いています。
[PR]
by ellisbell | 2007-01-16 05:18 | Cambridge life


ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧