Under the English Sky


英国、ケンブリッジでの生活で感じたことを書いていこうと思います。
by ellisbell
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
link

2007年 01月 10日 ( 1 )

Miss Potter

c0105386_5231852.jpg

映画、Miss Potterを見てきました。

世界中で人気のある、Peter Rabbitシリーズの作者、Beatrix Potterの伝記映画です。ポターについてのまともな伝記を読んだことがないので、どの程度が事実なのかは分かりませんが、ヴィクトリア朝後期の社会の中で、ひとりの女性として生きようとするポターの姿が印象的な映画でした。

ビアトリクス・ポターは資産家の娘として生まれていて、彼女の家は、当時"fashionable"であるとされた、北部イングランドの湖水地方に別宅を持っています。ヴィクトリア朝のrespectablity(体面重視)をまさに体現しているかのような家の中で、レディとしての厳しいしつけを受けながらも、彼女の生き生きとしたイマジネーションは湖水地方の自然にインスピレーションを受けて、彼女は動物たちの素晴らしい絵を描くようになります。父親はそれを暖かく見守り、賞賛しますが、娘をレディとして育て、立派な家系に嫁がせることを考えている母親は、彼女の絵を認めようとしません。母親が押しつけようとする裕福な結婚に反発を感じるポターは、30歳を越えて独身であるという、自分の存在に意義を見つけるために、自分の物語の出版を試みます。そして、よく知られているように、人気作家となった彼女は、彼女の愛した湖水地方の自然を守るため、広大な土地を購入して、実際に農地として使い、景観をそのままに保存するのです。

c0105386_5234752.jpg
ロンドンという都会と湖水地方という自然、それが体面や階級だけを気にする母親と、自分の気持ちにまっすぐ生きようとするポターの対比として描かれ、聴衆はポターの真摯な態度に共感を覚えます。何一つ不足のない生活を送れることは分かっていながら、ヴィクトリア朝の固定化してしまった価値観に、女性として、artistとして、自分の道を切り開こうとするポターをレネー・ゼルウィガーが好演していました。そしてもうひとりの主役とも言うべき湖水地方の美しい自然。彼女の想像力に素晴らしい命を吹き込む、水と山と野生動物の宝庫。余すところなくその魅力がスクリーンに映し出されていました。湖水地方の湖は、氷河によってできているので、深くて長細いのです。そのため、あまり波が立たず、湖面は本当に鏡のように美しいのですが、スクリーンで見る英国の田園風景もとても印象的でした。近くのおばあちゃまが、かわいそうなシーンなどになると"oh dear!"と声を上げていましたが、見る人を引き込む力のある、素敵な映画だったと思います。

写真は夏の湖水地方。ポターの住んだヒル・トップ農園、そして夕暮れのウィンダミア湖。
[PR]
by ellisbell | 2007-01-10 05:24 | culture


ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧