Under the English Sky


英国、ケンブリッジでの生活で感じたことを書いていこうと思います。
by ellisbell
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
link

2006年 12月 19日 ( 1 )

ミンスパイ

c0105386_744060.jpg

今日も晴れて冷え込んだ一日でした。

最高気温がようやく6,7度まで下がり、冬らしい街は最後のクリスマス・ショッピングを楽しむ人たちでいっぱいです。このフラットの学生たちもどんどん帰省で減っていき、朝から、友達の家に行こうとcity centreを通ったら、寒い街角にはキャロルを歌う女の子たちがいました。サンタの帽子をかぶってとても可愛らしく、いよいよクリスマス本番が近いなぁと思わせてくれました。いよいよ友達の家に到着すると、彼女はちゃんと台所にレシピ・ブックとすべての材料をそろえて待っていてくれました。そう、今日はミンスパイを作る日です♪

ミンスパイというのは、クリスマスに食べるmincemeat入りのお菓子。ミンスミートと言っても中身はお肉ではありません。干しぶどうやナツメ、りんごなどのドライフルーツを刻んで、お砂糖と香料、そしてスウェット(牛脂)を混ぜたもののこと。クリスマス・プディング、クリスマスケーキと並んで、英国のクリスマスに欠かせないお菓子です。食事の後、デザートとして食べるプディング、ケーキと違って、その前にシェリーやホットワインと、あるいは友達がクリスマス前後にヒョイッとやってきた時に食べてもらうための、お菓子だそうです。「パイ」というと難しそうに聞こえますが・・C曰く、カンタン!だそうです。さて実際にはどうなることやら。

c0105386_7441835.jpgミンスミートは前もって瓶詰めで売られているものを彼女がゲットしてくれていたので、作るのはペストリー。バターと小麦粉をよく混ぜて冷たいお水で練り、冷蔵庫に入れて30分寝かせます。その間に、これも簡単だからshortbreadを作ろう、とC。ショートブレッドと言えばスコットランドの伝統的なお菓子・・でも彼女はこれもカンタンカンタン!と、さっそく取りかかります。これも単にバターと小麦粉、お砂糖を混ぜて型抜きをし、オーブンで20分焼くだけ。クッキーと一緒なのですね。(英国にはcookieというのはありませんが・・・それはアメリカのものですね♪)焼いている間に生地も十分休んだので、綿棒でのばしてタルト型に敷き、ミンスミートを詰めて上にもドウをかぶせます。「実はミンスパイ作るの初めてなのよ、ママが作ってるのいつも見てたけど・・」と言うCと二人で、何度もオーブンをのぞきながら作ったミンスパイ↑。ちょっとフィリングが多かったようで、はみ出てしまっているところもイギリスらしくて(笑)いいでしょうか??アツアツを味見してみましたが、先日のコレッジのディナーよりおいしかったです♪ついでにショートブレッドの写真も♪ちょっぴり焼きすぎているのもありますが、こちらもまた素朴でおいしかったです。満足満足☆

c0105386_7443775.jpg英国に遊びに来てくれている弟夫妻が、明日ケンブリッジに来てくれます。会うのは6月の結婚式以来。Cの家におじゃまして、一緒に英国のクリスマスを少しだけ味わうことになっています。とっても楽しみ☆私も帰りに最後のクリスマス・ショッピングをしていたら、今度は男の人たちがクリスマス・ソングを演奏していました。街は、すっかりクリスマスです。
[PR]
by ellisbell | 2006-12-19 05:08 | culture


ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧