Under the English Sky


英国、ケンブリッジでの生活で感じたことを書いていこうと思います。
by ellisbell
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
link

2006年 10月 21日 ( 1 )

お茶

c0105386_20374352.jpg
今日も朝はどんよりとしたお天気。肌寒い上に雨まで降っていました。

金曜日は理論の講義を聴講しに行っているのですが、お天気のためにSedgwickまで歩いていくのが急に億劫になり、今日はスキップ。するとお昼前からお天気が良くなってきて、なんだかとっても悔しい気分。先週、構造主義から脱構築論を論じていたので、今週はもしかするとgender theoryだったのかも・・・急にスキップしたのを後悔したりしていました。やっぱりね、怠け心を出すとダメですね。それにしてもこの変わりやすいお天気は、さすがに英国です。今年は例年よりずっと気候がいいので、文句は言えませんが・・アメリカにいる弟によると、朝晩は氷点下になることがあるとか!ひぇ〜、イギリスで良かったぁ(笑)。

午前中には用事もなくて、またもやスコーンとクロッテッド・クリーム☆で、優雅にelevensesなど楽しむことに。elevensesは、朝起き抜けのearly morning tea、朝ご飯のbreakfast teaの後、仕事の中休みとして11時前後に食べる、朝のおやつのことです。英国では、伝統的にはお昼がdinner(正餐)と呼ばれ、夜は軽いsupperあるいはtea(この場合はハイティーと呼ばれて、ミートパイなども一緒に出されます。アフタヌーン・ティーというのも、supperは、夜遅くに冷たいもの主体で晩ご飯となるので、その前に食べていたものなのですよね。何度も書いていますけれど、だから「不思議の国のアリス」で、狂った帽子屋が「6時のお茶の時間」と言うのは正しい訳です。)と呼んでいたので、お昼が遅かったのでしょうね。こちらの人はみんな朝が早いですから、11時頃におやつを食べてちょうどだったのでしょう。確かに英国人は紅茶が大好きです。ただ、英国に来てくれる友達がみんな驚きますが、こちらではほとんどがティーバッグ。マグにティーバッグを入れて、お湯を注いでミルクを入れるだけ。茶葉が細かいのと、お水が硬質なので(特にイーストアングリアはものすごく硬度が高いそうです)、ティーバッグでもびっくりするほど色が付きます。街中のカフェでもたいていはティーバッグ。そして必ずミルクで飲みます。フレイバーティーや、ハーブティーには、「ミルクを入れないで飲んでください」と注意書きが書かれているほど(笑)!

先日、子供連れの日本人友達とご一緒したときに、子供さんがレモンティーを飲みたいと言いました。ティーにレモンを添えてください、と注文したところ、運ばれてきたのはティーポット人数分、ティーカップ人数分、ミルクジャグ2つ(4人だったので、たぶん2人に1つ)、そして8つ切りにしたくらいのレモンをいれた小さなカップ。"lemon?"と聞くウェイトレスさんに、「彼です」と言うと、切ったレモンをいれたカップを彼の前に置いた後で私たちのところにお茶を配ってくれて、一つ余ったティーポットに困って、「彼はお茶"も"飲むの?」と確認してから、彼の前にティーポット、カップ、ミルクジャグ!を置いていきました。つまり、彼女の中では、「ティー=ミルクティー」ですから、どうしてもレモンとティーが結びつかなかったようです。レモンをくれと言ったのは、レモンだけでしぼって飲むとでも考えたのでしょうか(笑)!!さすが、レモンティーはアメリカのものですね。本当に通じないことに笑ってしまいました。ちなみに、伝統的なところでは、アイスティーやアイスコーヒーもありません。父がこちらに来たときに、アイスティーやアイスコーヒーがないので、お酒以外では、レストランでもレモネードやコークばかり飲む羽目になっていたのを思い出しました。

ミルクが先か、お茶が先か。これもいつまでも決着のつかない問題だそうですね。(ちなみに、スコーンにもクリームが先か、ジャムが先かの論争があるそうです!)個人的にはミルクの量を一定にできる、milk-in-firstが好きですが、これは労働者階級の飲み方だそうです。なぜならこの飲み方ではスプーンでかき混ぜなくても十分に混ざるので、洗い物が減るからだそう。もっとも最近ではティーバッグばかりだから、ミルクかお茶かを問題にする方が時代遅れだと言われたりもしていますけれど。でも、水質のおかげで、お紅茶は本当においしいです。(逆に、硬度が高いために、緑茶やほうじ茶が妙にまろやかというかなめらかになってしまうのが、最初はダメでした・・大好きな一保堂のお番茶までがなめらかになってしまうのですから(笑)!もう慣れてしまいましたけれど・・)あちこちにこびりつくlime scaleも困りもの。浄水器を通したお水を使っているのに・・・それでも、紅茶を飲みながら、クリームとジャムたっぷりの温めたスコーンを食べていると、とっても幸せ☆になりました。

寒くなって、お庭のお花も少なくなってきたので、マーケットのお花屋さんは大繁盛です↑。
[PR]
by ellisbell | 2006-10-21 20:37 | miscellaneous


ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧