Under the English Sky


英国、ケンブリッジでの生活で感じたことを書いていこうと思います。
by ellisbell
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
link

2006年 09月 25日 ( 1 )

工事中

c0105386_6273894.jpg
この季節、あちこちでさまざまな工事をしています。

まずは建物。夏休みに入って、学生が減ったからか何なのか、やたらとあちこち工事しているなぁと思っていましたが(こちらの夏休みは6月末からです)、なんと言ってもはかどらない英国の工事、常にのんびりしゃべりながらやっていたのがたたって、10月の学生が戻ってくる時期に間に合わない!と今頃気付いたのか、現在急ピッチで行われている模様。普段は絶対働かないのに、土曜などにも壁塗りをしていたりするので、かなりせっぱ詰まっている様子がうかがえます(笑)。こうなる前に、もっと頑張っておけばいいのに・・こちらの人は朝が強い人が多いらしく、だいたい工事は8時頃から始まります(早すぎませんかね・・工事だけでなく、うちのメンテナンス・管理人さんも8時前から活動していて、8時をすぎると「元気?」って聞きにノックされる可能性があるので、おちおち朝寝もしていられません。郵便も8時半くらいには来ています。早い!)。そのために、4時過ぎにはもう仕事をしている人は誰もいなくて、まだまだ日も高いのに、工事がストップしてしまうのです。今日は日曜。日曜は教会に行く人も多いし、お買い物などでいつも以上にcity centreがにぎわいますが、行く途中に人だかり発見。何かなとのぞいてみると、大きなクレーンで、建物の壁を貼り付ける作業をみんなが寄ってたかって見ているのでした。暇な人が多いですね・・・でも、ぴたっとはめ込む作業は見ていておもしろかったです。(こちらの建物は、景観重視もあり、こわすことなく内装工事や外装工事をするので、時間がかかるのは仕方がないとも言えるのですけど。)

そして、道路工事。はかどりません。これまた夏の間に人が減ってるうちにやっちゃえ、ということで始まったのでしょうが、仕事の遅い英国で夏の間に終わるはずがありません。道をほじくり返しているので、渋滞がひどいものです。(英国には景観保護のため、電柱が街中にほとんどないので、いったん掘ると、それはそれで大変なようです。)こんな交通量の少ないケンブリッジですら、朝は歩く私のスピードの方が早いくらい。あきらめて、車の中でみんな朝ご飯を食べたり本を読んだり!しています。工事現場に一足お先に到着、どんなに一生懸命仕事しているかと見れば、結局4人くらいしか人がいなくて、一人が機械を操作して、一人が指示して、後の二人はしゃべっています。これでは仕事が進むはずもないですね・・そういえばパリのシャンゼリゼも激しい渋滞でした・・5センチ四方くらいの石を並べて埋め込むという道路工事のやり方!ですから仕方がないのでしょう。ヨーロッパでそんなことをやってたら、1年経っても終わりませんね。でも、ちゃんとそうやって景観重視の政策をとっているから街並みがあれほど美しいのですが。

道路工事のため、通行規制をやっていました。交通整理のお兄さんです↑。(あんまりやる気なさそう。)このSTOPサインは、裏側が緑色に塗られたGOサインになっていて、このお兄さんの気が向いたときに、くるっとひっくり返されます。すると、今まで「止まれ」だった方が「進め」になって、交通が逆になるというシステム。同じものを子供の通学路でも見かけることがあります。林望が、そのような子供の安全を守るおばさんをロリポップ・レディというと書いていました(ロリポップというのはぺろぺろキャンディ。こっちではまだたくさん売っています)。ここにいるのはロリポップお兄さん。ぺろぺろキャンディ型のサインを持ちもせず、コーンにつっこんで自分のことに気をとられています。こうやって渋滞が長くなるのですね。やっぱり、この街は自転車か徒歩が一番。

10月3日からMichaelmas termが始まります。この週末にもたくさんの学生が到着したことでしょう。工事が新学期に間に合いますように☆
[PR]
by ellisbell | 2006-09-25 06:27 | society


ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧