Under the English Sky


英国、ケンブリッジでの生活で感じたことを書いていこうと思います。
by ellisbell
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
link

大英博物館

c0105386_675587.jpg

今日はAsh Wednesday(灰の水曜日)ですね。

Lentの初日。カトリックで、懺悔をした象徴として、頭に灰をつけたことからこの名前が付いている日です。"Ash Wednesday"というと、やっぱりT.S.Eliotの詩が私の頭には浮かんできます。(もっともEliotは「荒地」や「プルーフロック」の方が好きなのですけれど。)「宗教的にはアングロカトリック」と明言した、帰化英国人の哲学者、詩人、批評家(アメリカ生まれ)。(そういえば、彼はロイド銀行で働いていましたから、きっと100年ほど前に、彼も昨日のシティの辺りを歩いていたのでしょうね。)

昨日、少しの時間を見つけて行ったのは大英博物館。英国が世界に誇る(略奪品の宝庫)世界最高の博物館です。遺物より絵画や彫刻の方が好きな私は、今回の滞在中、実はBMに足を向けていませんでした。昔、旅行に来たときに見たことはあるし、何しろ巨大だったことしか印象に残らず、ナショナルギャラリーの方が好きだと思っていたのです。でもよく考えたら、BMはケンブリッジからの電車が着くキングス・クロスの駅からほど近いのです。わずか2キロ足らずなので、昨日は朝にロンドンに着いてから、時間がなかったせいもあって、BMをのぞいてみることにしました(本当は自然史博物館にもう一度行っておきたかったのに・・)。こういうとき、ロンドンの美術館博物館がすべて無料というのは本当に素晴らしいですよね!時間がない観光客とは違って、いつでも2,3時間の暇ができたら好きな絵や彫刻を眺められるのですから!日本もこういうことに税金を使ってくれたらいいのに・・・(もっともBMも赤字で泣いていますが。)

久しぶりのBM、キングス・クロスから歩いたので、裏手からの侵入(笑)です。入ってすぐのところに並べられてあったお寺の鐘が素晴らしかったので、今回は日本、韓国の美術品を少しとエジプトを眺めて来ました。英国の博物館で眺める浮世絵はとても素晴らしいですね。観光客もそれほどこのブースにはいないので、駆け足でしたが、比較的容易に眺められました。そして、そのみごとさで定評のあるエジプトコレクション。やっぱり必見はロゼッタストーンでしょうか↑。昔来たときは、そのまま、柵に囲われて置いてあったことに感激したのですが、今ではガラスケースに入っています。さすがに一番人気で、ひっきりなしに観光客が写真を撮り、子供たちがやってきます。(英国の子供たちはいいですよね〜、こうやって本物の美術品をいくらでも無料で眺められるのですから!学校の美術の授業でもよくBMやナショナルギャラリーに来ているのを見かけます。ウラヤマシイ。)エジプト象形文字の解読のきっかけとなったこの石はあまりにも有名ですが、エジプト文字はそれぞれの表音文字の後にそのものを表す絵、表意文字を組み合わせて作られていて、シャンポリオンの発見はまさにそのことだったそうです。例が解説に載っていて、おもしろかったです。

c0105386_682885.jpgトトメス三世の頭部も圧巻。レリーフなどを見ていても、すべて紀元前2000年とか、それくらいの古さなのです。エジプトは古い!!さすがですね。インド美術も好きなのでそちらにも行きたかったのですが、ゆっくりエジプト彫刻を眺めていたせいで時間切れ。ギリシャとの所有問題で話題になっているエルギン・マーブルズ(と呼ばれる古代アテネの彫刻群)をチラッと見て、今回の訪問は終わってしまいました。今回はミイラたちとも対面できませんでしたが、また次回に来る楽しみとして取っておきます。前回来たときにも、英国の略奪の歴史を如実にあらわすコレクションだと思いましたが、これだけのものをすべて一同に展示し、管理していくのは大変なことですよね。略奪の歴史には変わりないのですけれど、展示という概念が18世紀に実現してから、世界に先駆けて美術品を収蔵してきた博物館の素晴らしさを感じました。そしてそれ自体が大英帝国の歴史でもあるわけですから、古今東西の遺産を一手に引き受けてきた英国の誇りのようなものも感じました。そして、やっぱり遺物自体が素晴らしい。今から4000年以上昔のものが、今現在の私の目の前にあるという感覚は、やっぱり独特な感慨を引き起こします。「博物館」に対する考え方自体も少し変わった、素敵な経験でした。(たぶん旅行者ではないので、1日で見なければ!というプレッシャーもなく、ゆったり楽しめたことも大きいのでしょうけれど!!)

c0105386_685939.jpgその後、ピカデリーに出て用事を済ませ(三越に、先日ご紹介したDr Stuart'sのハーブティ発見!!日本でもブームなのでしょうか??)、本を探したり(またもや3for2に引っかかって本を買ってしまいました・・・orz。ホントにこの本の山、どうやって日本に持って帰ろう・・でも好きな作家のサイン本をゲットできたのでHAPPY!!やっぱりロンドンっていいなぁ♪)、F&Mを物色したり。クリスマス前にアリスシリーズで私を狂喜乱舞させたF&Mのディスプレイ、また変わっていましたが、これまたオシャレっっ↑!!天幕の中にお茶セットや食べ物が並べられていて、異国情緒あふれる素敵なディスプレイ、またもや写真をいっぱい撮ってしまいました。さすが、F&M☆
[PR]
by ellisbell | 2007-02-22 06:18 | society
<< 交通事情 ロンドン(シティ) >>


ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧