Under the English Sky


英国、ケンブリッジでの生活で感じたことを書いていこうと思います。
by ellisbell
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
link

ハーブティー

c0105386_5192038.jpg

Happy Chinese New Year!

今日は春節ですね。世界中から留学生の集まるケンブリッジでは、先日のスコットランドのイベント、バーンズ・ナイトの後は、中国の新年をあちこちでお祝いしています。大晦日と同じく、昨日がもっとも盛り上がる日だったようで、いろんなコレッジでパーティーも催されていたようです!朝、フラットの廊下で出会った友達にも"Happy New Year!"と言われ、「ああ、そうか、君は違ったよな」と苦笑されましたが、こちらには中国系の人たちがたくさんいますから、きっと昨日も今日も街中で盛り上がっていたことでしょう。中国からは、学生もそうですが、客員研究員もたくさん国費でここケンブリッジに来ているようです。何人か学部の方でお友達になった人たちもきっと昨日はお祝いしていたのでしょうね。

今日は一日曇り空のケンブリッジ。太陽は差しませんが、少しずつ春に近づいている今日この頃、外を歩いていると、木蓮や水仙のつぼみが日に日にふくらんでいるのがよく分かります。気の早い水仙はもう咲きかけていたり。来月になれば、各コレッジの裏庭は、それぞれみごとに水仙やクロッカスで彩られることでしょう。今から楽しみです。写真は先日、St.John's Collegeのそばで咲いていた早咲きの桜↑。よく見ると、日本で見慣れたソメイヨシノとは違って、カンザクラに似ていますね。最近、違う種類の桜もちらほらと咲き始めています。日がどんどん長くなっていくのが目に見えて分かると、気もちもずいぶん明るくなります。夏目漱石がロンドンの冬にめいった気持ちがやっぱり分かるような気がします。日が短いというより、太陽がちゃんと昇らないのですから!!

c0105386_5205239.jpg英国では紅茶が愛されているのは周知の事実ですが、健康志向も関係してか、ハーブティーを好む人もたくさんいます。カフェイン・フリーのコーヒーや紅茶を愛飲するのはアメリカ人だけではないようです。(さすがにこちらでは糖尿病患者用コーラというのは見たことがありませんが・・・アメリカにはあるのですよね!)大手の紅茶メーカーの売り出すティーバッグにはカフェイン・フリーのものが必ずありますし、ハーブティーなどにもNaturally caffeine-freeとうたい文句が書かれています。オーガニックのお店にも、こんな風にさまざまなハーブティーがずらり↑。写真に写っているDr.Stuart'sというブランドは、いろんなハーブティーをブレンドして、機能性を高めたお茶が人気のシリーズ。デトックスだとか、トランキリティ(精神安定)だとか、用途に応じて割とおいしくブレンドされています。カフェインはありますが、緑茶やフレイバー緑茶のティーバッグも最近では見かけます。tea-drinkerの国、英国でも、紅茶以外の楽しみを選ぶ人が増えてきたのかも知れませんね☆私のお気に入りは、これまたダッチーのペパーミントとカモミールティー。おいしいです☆
[PR]
by ellisbell | 2007-02-19 05:21 | society
<< 学校給食 Ely >>


ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧