Under the English Sky


英国、ケンブリッジでの生活で感じたことを書いていこうと思います。
by ellisbell
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
link

Organic

c0105386_554742.jpg

英国でも先日、鳥インフルエンザが発生しました。

そのニュースを知ったのはプラハのホテル。Breaking Newsのテロップとともに、ずいぶん大々的に取り上げられ、大問題になっていました。サフォークの七面鳥農場で発生が確認されたBird fluは、ハンガリーから輸入された鳥からの感染だろうとされていますが、まだまだこのショックは続きそうです。とは言っても、スーパーなどを見ていても、日本人のようなパニック反応は出ていない様子。鶏肉を買う人もたくさんいるし、トレーサビリティーがしっかりしているからかしらと思っています。何と言っても、ここはBSEの本場。ほめられたことではありませんが、その教訓から英国やEU諸国は早くからトレーサビリティーを導入しましたよね。Beefeaterと呼ばれる英国人にとっては狂牛病の恐怖はかなり大きかったのだろうなぁと推測できます。でも、牛に戸籍があるというのもすごいことですよね。キングス・コレッジが所有している牛たちも、ちゃんと戸籍をもらってるのかしら(最近、見かけません。寒いから牛舎に引っ込んでるんでしょうか??まあ、コレッジのバックヤードに"牛がいる"のも、ちょっと変わってますけど(笑)。)

食の安全という点では、昨日のダッチー・オリジナルを始め、有機栽培(オーガニック)もこの国ではとても支持されています。大手のスーパーも普通に独自ブランドで○○Organicという商品を販売し、オーガニック野菜やお肉を選ぶ人もかなり多いようです。もちろんオーガニック食品専門のお店もあります。こんなに食に気を遣わない国(笑)なのに、やっぱり食の安全に対する意識は高いし、法律でもしっかり有機栽培と銘打てるものが規制されていますから信頼性は高く、オーガニックは全く特別なものではありません。(だから、産業革命で自然を破壊したこの国が、いち早くグリーンベルト政策などによって自然を守る努力をしたのとも連動して、雨の後のフットパスには、たくさんのナメクジやミミズを見ることがあります。自然の中のケンブリッジですから、それを嫌がるわけにはいきませんね(笑)。)先日オーガニック食品のお店で買ったチョコレートをプレゼントしてくれた英国人のLも、「こういうのって昔はあんまり気にならなかったけど、やっぱり身体のためにも、主義としても大事なことだと思う」と言っていました。彼女は20歳そこそこの学生ですが、やっぱり個人の「主義」が大事にされる国らしいコメントだなぁと思いました。

こんなに食の安全(有機栽培etc)を気にする人が多い国なのに、ジャンクフードを偏愛する人が多いのはなぜなんでしょうね。お昼ごはんにはチョコバーかクリスプス(ポテトチップス)だけという人も多いし、ジェイミー・オリヴァーが改革しようとした学校給食の内容を見ていても、成長期の子供が毎日ピッツァやフライドポテトばかりを食べていることには本当に驚愕します。と、言いつつも私もウォーカーズ(ポテトチップス)が大好き☆こちらのポテチ、一番人気は何と言ってもsalt&vinegarですが(英国名物Fish&Chipsもみんな山ほどお塩を振って、お酢をかけて食べますよね!同じ味です☆)、私がはまっているのはwalkers sensationsというシリーズ。"Slow Roasted Lamb with moroccan Spices"だの、"Caramelised Onion&Sweet Balsamic Vinegar"だの、"Gently Infused Lime&Thai Spices"だの、おいしそうでしょ(笑)?私が最近まとめ買いしてしまうのは(スーパーの3for2に完全にやられています!orz)"Thai sweet chilli"。日本に帰ったら、絶対恋しくなりそう・・・
[PR]
by ellisbell | 2007-02-17 05:06 | society
<< Ely Duchy Originals >>


ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧