Under the English Sky


英国、ケンブリッジでの生活で感じたことを書いていこうと思います。
by ellisbell
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
link

百塔の都(2)--チェスキー・クルムロフ編

c0105386_5464278.jpg

ケンブリッジは、今日は雪。

昨日から、雪の予報は出ていましたが、朝一番に窓の外をのぞいてみると、外は銀世界。先日よりもたくさん積もっている上に、午前中はまだ降り続いていました。これは二度目のケンブリッジ雪景色を写真に納めなくては、と、朝からカメラを持ってcity centreへ。その途中に写真を撮ってみると、何と画面には「メモリーカードがありません」の文字が・・・!!そう、昨日、パソコンに読み込んだ時に、カードを抜いたままにしてしまっていたのです(涙)。人と会う予定があったので、取りに戻る時間もなく、今日の雪景色は眺めるのみでした・・orz でも、歩道も雪が溶けかけて滑りやすくなっていたので、いつも以上にのろのろと景色を楽しみながらお散歩した一日でした。(今日は空港が大混乱です。帰ってきたのが昨日で良かった♪)

c0105386_5495916.jpgさて、チェコ旅行。プラハを1日楽しんだ後は、前回行きたくて果たせなかったボヘミア街道を辿るショート・トリップに出かけることに。今回の目的地は、プラハと並ぶチェコの世界遺産として名高い街、チェスキー・クルムロフ。チェコは大きくボヘミア地方とモラヴィア地方に分かれますが、クルムロフは西側、ボヘミア地方を南下していったオーストリアとの国境にほど近い街です。プラハから200キロの旅は、とりあえずプラハ中央駅からスタート。EU参加以前と比べて、ずいぶん英語が通じるようになった(前回は私の恐ろしいフランス語の方が、英語より通じました!前回、ビアホールで素敵な姉弟+伯母さんと仲良くなった時には、意思疎通が本当に大変だったのです!!)という印象ですが、やっぱり駅などでは少し苦労します。それでも乗り換え時間を含めて5時間弱の旅で、ふたりで1500円ほどとは、本当に物価の安さに驚愕。(←ロンドンーケンブリッジは片道4000円します!)電車は古い形で、今もコンパートメントに分かれているのも新鮮。そういえば、昔ウィーンに移動した時もそうだったなぁ・・・

c0105386_5505585.jpg途中、チェスケー・ブデヨヴィツェ(バドワイザーで有名な街です!バドワイザーって、私も前回行ったときまで、ドイツ起源のアメリカの会社だと思っていました。チェコなんです!!)で乗り換え、チェスキー・クルムロフまでは二両編成の各駅電車でゴトゴトと行きます。山手ですから、雪も多く残っているし、凍った小さな池などもありました。電車の駅から街までは歩いて20分ほど。街の入り口には門があって、いかにも古い街の風情が漂います。蛇行するブルタヴァ川に沿って発展した小さな小さな街ですが、この街にはボヘミア地方ではプラハ城に次ぐ大きさのお城があるのです。そのお城はどこからもよく見え、名実ともにクルムロフのシンボルの風格を持っていました。

街の印象は、本当に小さくて可愛らしい街だということに尽きます。ベルギーのブリュージュもこぢんまりした素晴らしく美しい街ですが、少し感じが似ているでしょうか。オレンジ色の屋根を持ったカラフルな家が建ち並び、中世そのままの細い入り組んだ路地が家々をつないでいます。チェコ屈指の観光地で、夏は観光客も多いそうですけれど、今は季節外れの上に、プラハからの日帰り観光客が多いようなので、私が着いた時にはほとんど人がいなくて、街並みを貸し切り状態で楽しめました。街のどこからも見えるルネサンス様式のお城を眺めつつ、ホテルへ向かいましたが、この日泊まったホテルは、昔の修道院を改築したもの。素晴らしく美しく、雰囲気のあるホテルで大満足♪c0105386_5513289.jpg夕食もこのホテルで取りましたが、修道院らしくあちこちに宗教的なモチーフの装飾がなされている、美しいレストランでした。お食事もとってもおいしかったし(チェコ料理って、前はあんまりいいイメージがなかったのですが・・・ジャガイモ団子が必ず付いて来るのです!!)、しかもオフシーズンでお食事は何と50%オフ!!とっても素敵な夜でした☆c0105386_5521434.jpg

次の日は、街をのんびり歩いて散策を楽しみ、お店をのぞいたり、教会をのぞいたり。チェコはボヘミア盆地で採掘されるガーネットと琥珀が有名なようで、あちこちに宝石店があります。本場だということで、私の誕生石でもあるガーネットのピアスをゲットしました♪うきうき♪♪♪旅先で買ったものって、眺めたり身につけるたびにその土地を思い出すからいいですよね☆☆☆その後、街をくるっと歩いて、お城に入りました。このお城にはクマが飼われているのが有名だそうですが、残念ながらお城の中を見せてくれるツアーはシーズンオフでやっていなかったので、クマを見ることも、お城の塔に上ることもできませんでした。けれども、お城からの街の眺めは壮観!!素晴らしく美しい眺めでした。本当にこぢんまりした可愛らしい街なのです。石の文化って、古いものがそのままの形で残っていくのが素晴らしいですね。また行きたい、大好きな街が一つ増えました。名残を惜しみつつ、プラハまでバスで戻りました。

c0105386_5531723.jpg人口も少なく、観光で生きているような街のようで、あちこちにおみやげ物屋さんがあります。あまり人が住んでいるような感じを受けない旧市街です。マリオネット屋さんの入り口では、ここでも、大きなマリオネットが「おいでおいで」をしています。
[PR]
by ellisbell | 2007-02-09 05:54 | trip
<< Magdalene College 百塔の都(1) >>


ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧