Under the English Sky


英国、ケンブリッジでの生活で感じたことを書いていこうと思います。
by ellisbell
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
link

ハワース牧師館

c0105386_4574481.jpg
今日のケンブリッジは朝から降ったりやんだりの奇妙なお天気。

昨日までいたヨークシャーよりは暮らしやすいお天気だと思いますが、やっぱりここ2週間ほどの寒さで紅葉が(こちらでは「黄葉」ですが)一気に進み、今朝30分ほど続いた雨でたくさん葉が落ちていました。これだけ緑が多いのは、ケンブリッジの特徴でしょうか。あちこちに広い芝生の公園があって、大きな木がそびえています。ハワースの、冬枯れのヒースに覆われた赤茶色のムーアとは対照的だと思います。

今回は「仕事」の旅。現在は、ブロンテ・ミュージアムになっている牧師館を訪ねました↑。夏から計画していながら果たせなかった資料収集のための訪問です。とは言っても本当のところは、必要な資料があるわけでもないのですけれど、知り合いの先生が快く紹介状をくださったので、シャーロットやエミリの直筆原稿や所蔵本などをこの手で触れるのなら♪というミーハー気分で行ってきたのでした。朝にケンブリッジを発って、ピーターバラ経由でリーズへ、そこからローカル線に乗り換え、さらにバスに揺られていく旅。5時間ほどの旅の後、到着したハワースはどんよりとした曇り空でした。牧師館に併設されたミュージアムショップで名前を告げるとresearch assistantのLが迎えに来てくれて、牧師館の内部にあるresearch libraryに入れてくれます。時間は余りありませんから、用意してくれてあったリストに目を通し、積み上げられた関係書籍を流し読みします。隣で仕事をしているLはさすがにプロですから、「こういう分野が知りたいんだけど」と聞くと、すぐにいろいろ調べてくれて、たくさんの本を持ってきてくれます。もちろんすべてに目を通すことはできず、一日目が終わりました。

c0105386_4584073.jpg宿泊は、ブランウェル・ブロンテがアヘンを買いに立ち寄っていた、教会の目の前の薬局。今はおみやげ物やさんになっていますが、2階がB&Bになっているのです。最近は3時頃には暗くなり始めますから、5時にはもう真っ暗。シーズン・オフのハワースの街はとてもうら寂しいところでした。シーズン中こそたくさんの観光客が訪れますが、今の季節は週末だけの営業も少なくありません。その分、人はみんな親切で、声をかけてくれたりほほえんでくれたりと、英国の田舎らしい良さはあります。ひとりですから、早めの夕食を済ませてから部屋でのんびりくつろいでいると、強い風の音が聞こえます。小説の中でロックウッドが経験するwutheringは、荒野の一軒家ですからもっとすごいのでしょうけれど、この音を聞いて、冬のハワースだと感じ入りました。

c0105386_4591663.jpg次の日、朝から少しだけ墓地と荒野を歩きました。やっぱり何度訪れても、エミリの強さが際だって感じられる場所です。もう少し時間を取ってムーアに分け入りたいところですが、予約があるのでそれは無理。その代わり、いよいよお願いしておいたシャーロットとエミリの聖書を見せていただくことができました。とても不思議な気持ちです。この本を、彼女たちが実際にさわって、記憶するまで読んでいたのかと思うと、急に彼女たちの「実在」に気付かされる気持ちがしました。伝説のような作家ですが(だからD.H.ロレンスと並んで、伝記の多い作家なのです)、実在の、肉体のある人間だったのだという当たり前の事実に、少し驚きを覚えました。そして、それはやっぱり、感激的な体験でした。「研究の役に立ったかしら?」と聞くLに、「うーん、残念ながら」と言うと、「でも実際にこの目で見ることに価値があるんだものね!」とウィンクしてくれるLは、とっても英国人らしいユーモアにあふれていました♪

帰りも5時間以上の電車の旅。肉体的には疲れてしまいましたが、新鮮な感激を受けて気持ちも高揚する旅でした。こんな機会が持てたことに感謝しつつ、ケンブリッジに戻ってきました。今日はこれから、一転して冬の夜の楽しみ。St John's Collegeの聖歌隊を聞きに行きます。曲目はモーツァルト。そういえば、St John'sは、ブロンテ姉妹のお父さんの母校です。
[PR]
by ellisbell | 2006-11-18 04:59 | literature
<< Requiem オーラ・ソーマ >>


ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧