Under the English Sky


英国、ケンブリッジでの生活で感じたことを書いていこうと思います。
by ellisbell
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
link

北の都(観光編)

c0105386_5474490.jpg
誇り高きスコットランドの首都、エディンバラを訪れました。

ケンブリッジから電車で5時間。緯度で言うとコペンハーゲンよりも北にある街。この時期は、いくら今年の秋は暖かいとはいえ、朝晩の気温は氷点下に下がります。ヨーク滞在中に冬時間に切り替わったこともあり、北海を右手に眺めながら北上する電車の中で、きっと寒いだろうと覚悟を決めていました。ニューカッスルを越え、イングランドとのボーダーを越えると、緩やかな丘陵地帯が見えてきます。そう、平坦なイングランドとは違って、スコットランドは英国最高峰ベン・ネヴィスを始めとする山々を抱えた部分ですから、日本人の私にはなんだか懐かしいような風景が広がります。到着したのは午後2時頃。最近の英国は、午後2時をすぎると日差しが夕方になりますが、この日も風が冷たくて本当に寒かったです。駅を出たところで写真を撮っていると、向こうからやってきたおじいさんが、「どこから来たの?写真を撮ってあげようか。僕にも日本人の友達がいるんだ」と親しげにしゃべりかけて来てくれました。英国では北上すればするほど人が親切になるというのは本当です。そのおじいさんも、「もう冬になっちゃったんだ、今度は夏に来なさい、素晴らしいから」としきりに寒さを気遣ってくれます。確かに寒い!けれども、弱まりゆく光の中でみるエディンバラは、10年前に訪ねた時の面影はそのままですが、印象がまったく変わって見えます。険しい岩山に二つのお城がそびえる街は、世界遺産の名に恥じない美しいたたずまいを見せていました↑。前回は生まれて初めて自分で計画した海外旅行でイギリスを選び、ほとんど知識もないままにスコットランドにやってきましたが、今回みる北の都は、プラハやドレスデンを思わせる、黒ずんだ石造りの尖塔が立ち並んだ、東欧的な街に思えました。そして、北の都らしく、冬がやっぱり似合います。ここは、やっぱりイングランドとは全然違う国なのです。国としても民族としても、本当に違う二つの国家なのだなぁと言うのが今回一番強く感じたことでした。スコットランドは言うまでもなくケルトの影響の強い部分(ヘブリディーズなどではまだゲール語が使われています)ですが、イメージとしては、コーンウォールやアイルランドと比べて、純粋にケルトというよりももっと北方の民族、デーン人やヴァイキングの印象もかなり強いような感じがしました。この地の文化も独特で素晴らしいものですよね☆

c0105386_548268.jpgエディンバラの街は、東西に走る谷間に鉄道線路があり、それによってオールド・タウン、ニュー・タウンと分けられています。オールド・タウンの中心、ロイヤルマイルと呼ばれるハイストリートにほとんどの観光名所が集中していますが、今回行った主な名所は、エディンバラ城、セント・ジャイルズ大聖堂、そしてホリールード・ハウス宮殿。要塞として使われたエディンバラ城に対して、ホリールードの方は現在も英国王室のスコットランドでの居城として使われている優雅な宮殿です。どちらに行っても、スコットランドのメアリー(カクテルBloody Maryのメアリはエリザベス1世の腹違いのお姉さん。こっちのメアリーはエリザベス1世のいとこで後に暗殺されるかわいそうな女王)ゆかりの場所なので、彼女のエピソードでいっぱいです。1枚目の写真でひときわ高くそびえているのはスコットランドの国民的人気作家、ウォルター・スコットのモニュメントですが、これは世界一高い作家記念塔だそうです。このふたりをこよなく愛するスコットランドの人々が、強い愛国心を持っているのは容易に分かりますよね。c0105386_5481499.jpg1999年にブレア政権はスコットランドに自治を認め、ここは国防と外交以外は完全なる自治権を持つ国です。エディンバラのHSBCでお金をおろしたら、(予測はできましたが)スコットランドの紙幣でした。(ウォルター・スコットの顔が印刷された紙幣・・・これ、イングランドでは嫌がられるんですよね・・)セント・ジャイルズ大聖堂は、スコットランドで宗教改革の行われた場所。宗教改革(イングランドとは違ってこちらはちゃんとした宗教改革です)によって内部の装飾をいろいろこわされた大聖堂は、美しいステンドグラスを持ちながらも禁欲的な雰囲気の漂う、重々しく荘厳な教会でした。そう、久しぶりに訪れる北の都はやっぱりプラハやドレスデンを思わせます。バグパイプの音がとても似合う美しい街でした。そして、カールトン・ヒルからみるエディンバラは、すぐ近くに海の見える街で、さすがにここでいただいたお魚料理はおいしかったです☆

盛りだくさんの旅行だったので、たくさん書きたいこともあり、残りは明日また書くことにします☆まずは、観光編♪
[PR]
by ellisbell | 2006-11-10 05:50 | trip
<< 北の都(文化・食べ物編) King's Coll... >>


ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧