Under the English Sky


英国、ケンブリッジでの生活で感じたことを書いていこうと思います。
by ellisbell
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
link

英国的味覚

c0105386_631836.jpg
英国はすっかり秋、朝晩は10度を下回り、ヒーターが必要な気温ですが、日中はスッキリと晴れ上がって、寒いながらも気持ちのいい季候です。

マーケットに行っても、一時期たくさんあったトウモロコシや生のベリー類はちょっと少なくなり(とは言っても、いまだにイチゴがたくさん売られています!ちょっとこの季節感のなさには驚きますね)、代わりに栗やリンゴがたくさん並ぶようになってきました。屋台からは焼き栗のような香ばしい香りが漂い、毎日欠かさずフルーツを食べている私も、最近はリンゴをよく買います。大型スーパーもありますが、私はマーケットの方がずっと好き。マーケットでは地元のお野菜や果物が売られているし、何となく楽しいから。好んで買っているリンゴはもちろん地元産のCox's。英国を代表する銘柄です。19世紀に品種改良された、赤みがかった緑色の皮を持つ、Cox's orange pippinというリンゴです。(林望が「イギリスはおいしい」の中でさんざんほめていた例のリンゴです!)母とマーケットに行ったとき、彼女は、桃もイチゴもリンゴも日本のものよりずいぶん小さいと驚いていましたが、日本ではそれほどリンゴファンではない私も、Cox'sはおいしいと思います。片手のひらにスポッと収まるサイズの、甘酸っぱいショリッとしたリンゴ♪(私はカリッとしたリンゴよりショリッとしたリンゴの方が好き☆)大きすぎず、朝ご飯の時にちょうどいいサイズなので、今も窓際に3つ並べておいてあります(窓を細く開けてあるので、適度に冷えておいしいです)。街を歩いていると、たくさんリンゴの木があちこちの庭にあって、たくさんの実が落ちています。落ちた実はwindfallと呼ばれ、拾って食べてもいいのです。この間は、スーパーで"Fuji"というリンゴを見つけました。日本にもありますよね、ふじりんご。ずいぶん小さかったので、たぶんふじりんごを品種改良したものなのだろうと思いますが、何となく懐かしくなりました。写真はマーケットで売っていた「柿」↑。柿=persimmonと覚えていましたが、こうやってKaki fruitsとして売られていると、だいぶ小さいですがなんだか親近感♪まだ"nashi"にはお目にかかったことがありませんが、もうすぐ"satsuma"(日本の温州ミカンに似たミカン)もたくさん出回ることでしょう。

c0105386_634890.jpgもう一つ、つい最近試した英国の味覚のご報告。英国の夏の風物詩、elderflowerのコーディアルはおいしいと思いましたが、こちらはあんまりイケてなかった・・そう、Marmite。ご存じの方も多いと思います。"Love it or hate it."というキャッチフレーズがあまりにも有名な、英国版納豆(笑)のようなもの。アングロサクソンでないと食べられたものではないと聞いていますから、自分では見かけても買ってみる勇気はありませんでした(ビンに入ってスーパーで普通に売られています。買っている人も見かけます!)。この間、ひょんなことから、友達の家で試させてもらいました。ビンにyeast extractと書かれているように、酵母菌にナイアシンやビタミンなどを加えた栄養食品。見た目は、とろっとしたチョコレートのペーストに似ています。お味は・・・チョコとは似ても似つかず。まず口に入れて感じるのは、しょっぱい!!ということ。それからビールをものすごく濃くしたようなフレイバーが後味として残ります。決してまずくて吐き出すということはありませんが、「う゛〜〜〜〜」と言いたくなるビミョーな味です。エルトン・ジョンが必ず海外ツアーに持って行くと宣言していましたが、これは日本人にとってのお漬け物か梅干し、納豆のようなものなのでしょうね。友達いわく、「小さい頃からすり込んでおかないと好きにならないのよ、好きか、嫌いか、どっちかはっきり別れる味だよね。」英国人の味覚音痴はこのあたりに端を発しているのでしょうか・・・ちなみに、彼女はトーストかクランペットにバターをたっぷり塗って、薄くマーマイトをのばして、濃いミルクティーと食べるというのが最高♪と言っていました。シチューなどの風味付けにもいいんだとか。ふーん。機会があったら、試してみようかな・・慣れてみると、日本人でも病みつきだと言う英国ファンは数多くいらっしゃいますが、英国的味覚というのもあまりうれしくないなぁと思っている今日この頃です。

c0105386_643963.jpg
これは、マーマイトの姉妹品、オーストラリアのベジマイト。味は、同じでした・・・
[PR]
by ellisbell | 2006-10-05 06:01 | miscellaneous
<< 格安航空会社 アムステルダム(最終日編) >>


ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧